顎位は体全体のバランスをとっている。大きな役割「顎位」


量子場調整の中での顎位調整は よくある歯科の斜めに寝た状態で「上の歯と下の歯」の溝合わせ=噛み合わせを合わせる・・・とは全く違う。

食いしばりがひどい、口が開けにくい、顔がゆがむ、首が痛い、歯がすり減ってきているなど どこの歯科医に行ってもダメだったものも調整可能です。が、顎位はココロとも とても関係の深いところです。 長年の無意識での大きな緊張が関係している方がほとんどです。最終的に心の解放が必要です。ゆっくりご自身と向き合っていく中で顎位が全体のバランスをとり調和してきます。そうなると、とても口腔が安定して気持ちいですし、何より歯も長持ち。  大人でも子供でも、入れ歯でも、歯が抜けてても、歯の矯正中でも、治療中であって顎関節症でも、個人差はもちろんありますが、徐々に全体と調和する状態になってゆきます。 どうぞお試しください。


このような日常に顎位・量子場調整が有効です!

◉ 食いしばり、歯ぎしり、歯のすり減り、顔の歪み

これらの症状の方、多いですね・・日々驚きます(しかし、そういう私も量子場師になる前はそうだった^^;)これに対し、マウスピースを高額で作ったり、歯の上下を合わせるため削ったり、無理やりの小顔矯正したり 

これらは一時的な対処ですね。特に、歯を削ることは大きく体調に影響があります。ちょっと慎重になった方がいいと思います(歯には経絡が走っているので削ると乱れます)

そもそもなぜ食いしばるのか・・・? あなたが食いしばるのは「何らか体の無意識の緊張」があるから。

無意識です無意識。 習慣となって気がつかなくなっている緊張です。 

例えば、無意識で私はダメだからちゃんとしなきゃと緊張しているとか、周りにどう思われてるか気を使いすぎて緊張しているとか、頑張りすぎて力んでいるとか、目立たないよう緊張しているとか、、、色々人によると思いますが ようはそういう「緊張状態」を解放し、そこにある概念を崩壊しないと 無意識の緊張が取れない=食いしばりや歯ぎしりが続く ということなのです。

人の体の中でも「咬筋」はものすごく大きな力がかかるところです。 なので食いしばりや歯ぎしりが日常になると、歯に圧がかかりすぎ すり減ったり、歯が割れることもあります。歯茎にもダメージが出て歳を重ねた時に歯を失いやすくなります。

リラックスできない

食いしばりはあなたに「緊張する生き方、もうやめて」と知らせているのです。ずっと無意識が緊張しているので体も疲労しているはず。

症状を悪者扱いするのでなく そのVoiceに耳を傾けてください。 顎位・量子場調整の中で 頑なな概念から解放の方向へ波動調整することができます。 手放すと、アゴ周り、首肩など物理的に楽になるのはもちろん 循環がおこりだすのでいろんないいことが舞い込むようになるのです!

そのほかも・・・

口が開きにくい。アゴが痛い

私たちは上の歯と下の歯が合うかばかり大切だと思っていたけど、なんと「顎位は動くのが仕事」特に下顎は、動くことで体のバランスを支えたり脳の床と言われ、動くことで脳を守っているんだと。なので、

口が開きにくいということは体のバランスが取れない状態でもあると言えます。

頭が前に出てる時間が長い人がなりやすい。

猫背は巻き肩が引き起こし、巻き肩は心の傷やトラウマからきていることが多い。これに対してトラウマリリースなど調整をしてゆくと、猫背改善とお口の自由、両方叶います。

 

◉ 喉が詰まった感じ 飲み込みづらい

「言いたいことを言えない」

「言ってもしょうがないから言わない」

「言わずに押さえ込んでいる」

このように自分の表現を押さえ込んでいると、喉の詰まりや喉にボールがあると感じる人もいます。このような方は舌に緊張があり

舌が喉を潰すような位置にあったりします。

これらを正しい位置に戻すことと、表現を抑えている自分を解放する調整が可能です。

自由な表現を量子的なところで進化させると広がりを感じられ自己肯定感が高まります。

歌が上手になりたい方にもかなり効果的です

声の反響の違いに驚くでしょう!

 ◉首、肩が慢性的に辛い

首は、姿勢など物理的な要因もですが、陰陽逆転のポイントでもあるので、自分の「性」

に反した状態が続くと歪みが大きくなります。

首肩が痛いと訴える女性は男性的なりすぎてるようです。顎位の歪みは頸椎に圧がかかり

上半身が固まって首を縮め、胸郭が上がり息苦しさと焦り不安と関係します。肩甲骨周り

が固く動かなくなると厄介です。お早めに。

女性は女性として生きる

男性は男性として生きる

この当たり前に無理なく沿えるよう 凝り固まった概念を少しづつ手放すことで首肩コリ知らずになってゆけます。



コラム  〜量子場的 顎位あるある〜

顎位の大切さに気がついていないのは医学の盲点だと。量子場調整の創設者 岩尾和雄院長

それほど口腔のことは進んでいないようだ。

 

発生学的に見ても口腔は非常に重要なところ。口腔はエネルギー的にも高いのだ。

 

岩尾院長は技術者から鍼灸師という経歴で、ある時自分の腰痛が、歯の治療をたまたました時に痛い場所が動いた!ということに気がつき、その後 自身の歯ミリ単位であちこち削り、口の中が血だらけになりながら 歯列と肉体の関係性を導き出した 神のような変態!?(すいません!笑)なのです。

物理だけでなくそれらを量子的観点で法則性をあみ出し、技術にしたのが量子場調整®︎

 

なので、体全体の整い方が部分的でなく3D感を意識できるほどすごく立体的なのです。これは、内腔も周りの空間(オーラ、気の領域)の量子も整うからだと思う。 歯の溝の角度や 歯と経絡の関係 1〜8番までの上下左右の歯がどの部分に対応しているのか実はとても緻密なのです。

 

私もまだ経験年数は少ないですが、施術家として解剖学や力学いろんな物理的アプローチを学んできて、こんなに整う施術法を知らなかったし、

今からも超えるものはないんじゃないかと思える。それくらい進化系で「さわらないけど治療レベル」だなと日々その確信が深くなってきている。

 

目にみえないけど机上の空論ではなく、私たち量子場師はそれが整ったのかどうか?波動で明確に観察して施術前と施述後がどう変化したのか確認できるのでクライアントさんの満足度も高い。 

 

噛み合わせや食いしばりの悩みは多いが、解決できないでいる方がほとんど。某、噛み合わせで有名な歯科で20万払ってその後すぐうちのサロンへ来た方の顎位がズレてた・・・ということもあって正直驚いた。そしてその後その方を調整をした。何とも気の毒な感じでしたね。

 

 大人になってからの歯の矯正もなかなか辛そうだ。そういう方たちも、矯正歯科に行ってメンテナンスした後に 痛いとかズレてるとかでサロンに来られる。何年も矯正器具をはめているので体のバランスの歪みや緊張も結構あるが、顎位・量子場調整で満足いくものに仕上がるのでナチュラルな笑顔で帰られる。

 

顎位がちゃんとしてくるとなんと 知覚過敏や歯周病なども程度にもよるが改善していくようだ。これは唾液が関係しているよう。

舌の位置もすごい大切。人体のエネルギーの循環経路に舌はスイッチとなるので、口腔内の所定の位置に収まってないと色々不都合が出てくるようなのです。口腔内の環境は全身の健康に関係しているのがよくわかってきます。

 

⭐️ 精神と直観力と体の一体感 ⭐️

 口腔の歪みを呈しているところに顎位・量子場調整を体験すると、精神力、直観力、体力が同時に回復してくる。これは大いなる循環がおこるということなので、徐々に  仕事がうまく廻り出したり、お金が巡ってきたり、縁が巡ってきたり。 口腔が整うということは 喉、嚥下(えんげ:食物をのみ下す)がタイミングよくスムーズに行われるので、外側の世界のチャンスを掴むなどのタイミングもピタッと合うようになってくるのです

シンクロ二ティが頻繁におこるのも関係しています。 みなさんも口腔のバランス、顎位のバランスを味方につけて幸せを手にしてください!